MENU
英語

小学校の英語学習、「書く(Writing)」と「読む(Reading)」はどうなるの?

2020年4月から、全国の小学校で英語教育改革が本格的にスタートしますね。
移行期と言われたこの2年間での学校英語教育を見ていて、英語4技能の習得が必須と言われる中、いろいろと不安や疑問を抱えている保護者の方もたくさんいらっしゃることでしょう。
そんな疑問の中でも今回は特に意見が多かった「書く(Writing)と読む(Reading)はどうなるの?」をテーマに取り上げてみたいと思います。

今の英語学習は「聞く」「話す」が中心

小学校での英語教育が必修となる最大の目的は、幼少期から英語学習をスタートさせることにより、小中高を通じて英語によるコミュニケーション能力をつけることが重要視されるようになってきたからです。これからのグローバル社会において、今の日本教育における英語力では世界に貢献できる人材を育成できないとして英語教育改革が実施され、英語4技能をバランスよく習得し、「英語を使って何ができるようになるか」といった真の英語力が求められるようになってきました。

2020年の新学習指導要領開始に先駆けて、2018年度から、移行期として小学校でもより積極的に英語学習が導入されてきました。
小学校での英語学習は、「聞く→話す→書く→読む」の流れで学習するようになっています。小学校では特に英語に慣れ親しむこと、英語でコミュニケーションを図ることを主目的とし、「書く」と「読む」の学習は最小限にとどめられています。
そのため、授業ではALT(外国語指導助手)の先生を中心に、英語の歌や簡単なゲームを楽しんだり、身近なものの英単語を学んだりと、子ども向け英会話教室のような内容となっているところがほとんどです。

一方、小学校英語教育には「中学校英語教育への備え、スムーズな接続」という役割も持っています。
私たち親世代の知る「中学校英語」と今の小学校の英語学習では、内容的に大きな差があるのでは?と思われる方も多いのではないでしょうか。確かに昔よりずっと英語を楽しく、身近に感じられるようになったし、英語への拒否感や恥ずかしさなども減っていると思います。しかし、ここまで「聞く」「話す」ばかりで、「読む」「書く」をしないで、本当に中学校英語の備えになるの?という疑問が残ります。

そこで、4月から始まる小学校英語学習の内容を見てみましょう。

小学3年生・4年生の学習内容

3・4年生では「外国語活動」として年間35単位(週1程度)の授業が始まります。まだ「教科」ではありません。英語に慣れ親しむことを目的に、担任の先生とALTで指導します。ちょうど移行期の5・6年生で実施されていた内容が2年前倒しで始まるイメージですね。

この2年間では「聞くこと」「話すこと(やり取り)」「話すこと(発表)」の3つを中心に学び、音声を中心とした英語でのコミュニケーション能力の基礎を学びます。
挨拶や数、色、果物などの名前や説明を3年生で、天気や曜日、時間、文房具などの名前や説明を4年生で学びます。
「書く」はアルファベットの大文字(3年生)や小文字(4年生)を学ぶ程度で、基本的に英単語を書いたり、読んだりは学習しません。

小学5年生・6年生の学習内容

5・6年生では「外国語」として成績評価もされる正式教科となります。年間70単位(週2程度)を担任の先生と英語を専門とする専科教員とで指導します。
3・4年生の学習に加えて、ここから「読む」「書く」の学習もスタートします。大文字・小文字の識別や初歩的な読み書きが導入され、中学校からの本格的な英語教育への備えをしていくことになります。

ただ小学校英語ではSVOCのような文法事項の説明はされません。英語によるコミュニケーション学習の中で、動詞の過去形なども出てきますが、その活用形を学んだりということはありません。
しかし、聞き取った英語を書き写したり、自分の好きなものや思い出、体験などを自分の言葉でまとめて発表するといった学習が加わってきます。そのため、英語で書かれたものを理解する、書き写す、英語で書くといった能力が必要になってきます。
この2年間で学ぶ英単語は600~700語と言われています。現在の中学3年間で学ぶ英単語数が1200語なので、それなりの数の単語を覚える必要が出てきますね。

「読む」「書く」はどの程度の内容?

実際に2020年度からスタートする授業内容をもとに、どの程度「読む」「書く」ことが必要になるのか見ていきましょう。

授業は教科書準拠のデジタル音声教材を使用して、まずは「繰り返し聞く」ことから始まります。英文はテキストにも書かれていますが、とりあえずひたすら耳で聞き、教科書のイラストを見ながらストーリーの流れ(内容)を理解します。
次に、学習目標となる表現をチャンツなどでリズムよく「繰り返し言う」練習です。ペアワークでやりとりしたり、発表したりして、実際に覚えた表現を使ってみます。
最後に「読み書き」となります。はじめは英語を聞きながら英文を見るだけ。徐々に聞きながら指で追う、薄く書かれた文字をなぞって書き写すといった練習を重ね、そのうち自分で英単語や英文を書くといった学習になっていきます。

読み書きのステップでは、5年生でアルファベットの読み書き、語彙や語句の読み、書き写しとステップアップしていき、6年生では文の読み、書き写しを教科書を見ながら行えるように学習します。最終的には自分の言いたいことを、今まで学習した表現や単語を使って簡単な英作文をつくって発表する、というところまでが目標となっています。

こうしてみると、現段階でアルファベットが書けなくても、英単語が読めなくても、とりあえずは大丈夫なのかな?という気がしますね。きちんと授業の中で徐々に読めるように、書けるように学習していけそうです。今まで中学校で学んできたものがそのまま2年前倒しで5年生からスタートするというわけではないようです。
まだまだこれから始まってみないと実際のところはわかりませんが、親があまり警戒してあれやこれやと英語を「勉強させる」ということをしなくても、まずは英語に親しむ、英語を楽しむ、そして英語を好きになるということを優先させてもいいのかなという気がします。

英語で学ぶプログラミング教室!

YouCodeでは、英語を学習しません!外国人教師と英語でプログラミングが学べる小中学生向け教室です! 21世紀型スキル+国際能力を育てます!
大阪堺筋本町・京都烏丸で開講中!

 

関連記事
英語

海外旅行前に子どもに教えておきたい簡単な英語

2019年10月11日
子どもの英語プログラミング情報マガジン – YouCode
近年、格安航空会社(LCC)や格安クルージングなど手軽に海外旅行ができるようになり、子供と一緒に海外旅行へいくファミリーも増加しています。子供の頃に異なる文化を肌で感じ、生の英語 …
英語

学校で学ぶ英語って本当に意味あるの?

2019年3月24日
子どもの英語プログラミング情報マガジン – YouCode
日本人が習う英語って本当に正しいの? 英会話学校や英語塾がたくさん増え、小さな頃から英語を学習している子は少なくはないかと思います。小中学校での教育体制が変わり、学習内容も繰り下 …