MENU
プログラミング

プログラミング教育の未来

現在、子育て中のパパやママの皆さんは、子どもの教育について、どう思われていますか?

子どもは、大人が感じている以上に感性が豊かで吸収力も非常に高いものです。

学習したことをすぐ表現できたり、驚くほど子どもの成長を身近に感じたことも、数多く感じることもあるでしょう。

大人と違い、子どもは本当に伸びしろがあります。
そんな、大人もかつては子どもでした。今は大人でもかつて子ども時代には、なんでも吸収ができたはずです。

しかし、時間の経過と共に学習能力や体力は、ある時期を境に低下していきます

何かを学ぶのであれば、できるだけ学習能力の高い時期に多くを学ぶほうが効率もよく、効果的なのです。

小さい時からはじめた事は、年齢を重ねたとしても、しっかりと身についているものです。

様々な要素を受け入れやすい状態の時に、どれだけ学べるか、そして親としては、学ばせてあげることができるかが重要なこととなります。

現在の日本は、少子高齢化の時代で、子どもの数があきらかに不足しています。

しかし、今後の未来を担っていくのは、子ども達です。
子どもの数が少ないからといって、教育面では決して低レベルなことをしているわけではありません。

むしろ、子どもには、より良い環境でしっかりと教育させる親御さんが増加しています。

世帯辺りの子どもの数が減ったことにより、自分の子どもには、できるだけ集中させて高度な教育をさせたいと望む親が多いのです。

子どもの数が減少したとしても、教育ビジネスは以前に比べて活発なのです。

子どもの教育として、教材を利用した通信教育があります。
数年前の教材であれば、毎月1回、学習教材(テキスト)やDVD教材などが、郵送で自宅に届きました。

月に一度の教材を楽しみに待ちわびている、お子さんが多くいらっしゃいました。

現在、そのスタイルは既に過去のものとなっています。
現在、教材としての主流はタブレットPCです。

教材コンテンツのみ更新されて、月齢に合わせて教育内容も変化していくスタイルです。

コンテンツの配信は、月次が主流で毎月、一定の日時でコンテンツデータのダウンロードをすることにより教材を取得するのです。

文字の書き方、計算などタブレットPCを駆使して、子ども達は学習に取り組むわけです。

以前であれば、紙ベースでの学習スタイルが当たり前でした。この勉強スタイルは、かなり以前からのスタイルで、紙とペン(鉛筆)による定番のスタイルでした。

ところが現代の子ども達は、タブレットPCとタッチペンを利用して学習スタイルに変わってきているのです。

紙やペンの時代ではないのです。
紙やペンは物理的に物が必要となります。紙は一度書いたら、やり直すことができません。

問題を解いて丸付けすれば、それで終わりなのですが、
タブレットPCでは、何度でもやり直しがきき、繰り返し学習が可能となります。

そして、学習履歴も残すことができ、タブレットPC内に情報として蓄積されます。

そして蓄積された、情報を上手く有効活用して学習することができます。
例えば、不得意なところや、間違ったところを集中的にやり直し、繰り返し学習をすることで、精度を高めることができるというわけです。

つまり、弱点の克服ができるのです。
紙とペンでは、自分自身の弱点は、自分自身でメモなどを残したり、紙上にチェックを入れることで、自分の弱点を知ることがはしめてできます。

弱点を把握することは、本来の学習ではなく、学習の精度を高める為の付随作業となります。

この作業がタブレットPCやパソコンなどを使えば、不要となるのです。
つまり、自分の学習レベルはどの程度なのかの管理は、全て機械が行ってくれるのです。

人間はそれを上手く有効活用すればいいだけなのです。
学習スタイルの変化は、様々なメリットを生み出してくれます。

時間の有効活用、効率のよい学習、質の高い学習など数多くのメリットがあります。

このように学習スタイルの変化が与える影響は、計り知れないものがあります。

時代の変化によって、新たな学習スタイルが生み出されていますが、教育現場でも変革の時を迎えようとしています。

それが「プログラミング学習」です。
プログラミング学習は、必修科目となっています。
実施は、2020年からとなることは、既に決定しています。

初年度は小学校からのスタートとなります。
プログラミング教育を指導するのは、基本的に小学校の教員となります。

一部、支援員など専門のスタッフも動員されるようです。

その為、現在小学校の教員は、大学などでプログラミング教育についての研修を受けているということです。

今後、プログラミング教育を受ける子ども達は、意外と受け入れやすいのではないでしょうか。

なぜなら既に幼い頃から、様々なアイテムに触れているからです。

先述した教材などでも、タブレットPCを扱うことには、慣れているからです。

このように小さい頃から取り組めば、抵抗がなく受け入れやすいことがあります。

プログラミング言語と聞くと、かなり高度な事を求められているようにも思われるかもしれませんが、意識を変えればそうでもありません。

しっかりと段階を踏んで学習していけば、ある程度習得できるでしょう。

プログラミング言語と呼ばれるように「言語」なんです。

子どもが言葉を喋るには、特に勉強して覚えるわけではありませんよね。

それと同じことなんです。言葉は、日々の生活の中から自然と学ぶものなんです。

母国語を覚えるのに、子どもはそれほど意識はしていませんよね。

プログラミング言語も、これと同じ感覚だと思ってください。

これだけ情報社会の中で暮らす私達が、プログラミングや、技術の仕組みを知ることも大切なんです。

今後の未来は、更に発展していきますので、時代に合わせて教育も変えていく必要があるのです。

英語で学ぶプログラミング教室!

YouCodeでは、英語を学習しません!外国人教師と英語でプログラミングが学べる小中学生向け教室です! 21世紀型スキル+国際能力を育てます!
大阪堺筋本町・京都烏丸で開講中!2020年夏以降、東京六本木教室開講!