MENU
英語

育成型テスト「英検Jr.」は子供の英語力チェックに最適!

「英検」には種類があるのをご存知でしょうか。「英検」の他には、小学生以下をターゲットとしている「英検Jr.」と、読む聞く書く話すの4技能試験が受けられる「英検IBA」があります。その中でも英語の実力チェックにも人気の「英検Jr.」についてご紹介します。英検よりも気軽に受けることができるので、英語を学び始めた子供におすすめ!

英検Jr.とは?

1994年から子供向けにリスニングテストとして親しまれていた「児童英検」ですが、2015年4月から「英検Jr.」として名称が変わった比較的新しいテストです。小学校の外国語活動(小学3年生~4年生)に対応していますが、英語を勉強し始めた幼児の受験生も多いなど、幅広い年齢層に人気のテストが高まっています。

成長に合わせて選べる3ランクのテスト

英検Jr.では、「BRONZE」「SILVER」「GOLD」と3つのグレードがあります。

BRONZE

対象:小学校低学年

学習の目安 塾:半年~1年 小学校:1年半~2年

初めて英検Jr.を受験する小学生や英語学習している未就学児にオススメ

SILVER

対象:小学校中学年

学習の目安 塾:1~2年 小学校:2年半~3年半

BRONZEでの正解率が80%以上が対象、文字の学習もしている児童

GOLD

対象:小学校高学年

学習の目安 塾:2年~3年 小学校:4年~4年

SILVERでの正解率が80%以上が対象、文字の学習は2年以上がおすすめ

英検Jr.のホームページにはサンプル問題が無料で挑戦できるので、受験レベルを見極めて選んでも良いでしょう。しかし、いきなり難しいランクに挑戦するよりは、自信をつけるためにもまずはBRONZEから段階的に受験するのもオススメです。そのため、子供のレベルや性格に合わせて選んでみるのが良いでしょう。また、単語や文を読む学習をしている子供で、GOLDやSILVERで高い正解率が出せるようになったら「英検5級」へとステップアップすることができます。

客観的なデータで英語学習の確認

英検Jr.や英検、英検IBAの合算ではありますが、小学生以下の志願者数は年々増加しており、2014年度は約33万人の志願者数でしたが、2018年度は約41万人となっています。このように、英検Jr.は全国規模で多くの受験者に寄る客観性の高い成績データが得られるのが特徴です。また、子供と同じ年齢や学習経験年数での平均値も示されるため、学習状況を確認するのにもぴったり。

例題から見る各グレードのレベルの違い

英検Jr.のサイトでは、問題の構成に加えて例題も掲載されています。その中から、「3つ読まれる文章のうち、絵に描かれているものを選ぶ」という1問目に設定されている問題から、例題をご紹介します。

BRONZE

例題 ライオンと男の子が描かれている絵

  1. This is a bear. 
  2. This is a elephant.
  3. This is a lion.

This is.. やI’m… など基本的な文章で構成されており、数字や身近な物の英単語をしっかりと身につけておくのがポイントとなります。

SILVER

例題 学校で生徒が勉強している絵 

  1. We are studying.
  2. We are dancing.
  3. We are singing.

このように、現在進行系を使った文章など、BRONZEよりもレベルが高くなっていることがわかります。しっかりと基礎を学んでおく必要があります。

GOLD

例題 散らかった部屋の絵

  1. It’s a messy room
  2. It’s a clean room
  3. It’s a beautiful room

この様に「messy」といった大人でも聞いたことがないような単語も出てくるので注意が必要です。この場合は、「messy」という意味がわからなかったとしても、「clean」や「beautiful」ではない、と消去法で判断するなどテストに対する経験も必要になってくるレベルです。

英検Jr.は選べる3種類の受験方法

英検Jr.は「ペーパー版」「オンライン版」「学校版」の3種類の受験方法があります。「学校版」は学校や自治体の単位で行うため、個人ではあまり関わりがありません。また、通常の英検の様に受験日毎に会場が設定されて受験するような形ではなく、学校や塾、お友達を5人以上で会場を設定して受験することができます。最も手軽に受験することができる「オンライン版」が人気です。

英検Jr.のオンライン版とは?

英検Jr.のオンライン版には、テストのみも受験できるのですが、「ラーニング」というレベルに合わせたオンライン学習の教材も展開しています。パソコンやタブレットで楽しみながら学べる学習教材として人気が高く、1か月~6か月と学習期間が選べるのがポイントです。

ゲーム感覚で英語が学べる「ラーニング」

ラーニングでは、「ドリル&ゲーム」と「もぎテスト」という語彙や会話の表現などを楽しみながら学べる内容となっています。「ドリル&ゲーム」は、勉強をするよりもゲームをする感覚となっており、子供が自ら進んで取り組むと好評です。問題をこなしていくと新しいゲームができるようになったり、ボーナスステージが出たりとポイントを貯めながら、毎日でもやりたい内容になっています。

「もぎテスト」で英検Jr.の試験も抵抗感ナシに

もぎテストでは、240問と豊富に揃っているので、学習状況の確認と共に本番の英検Jr.のテストも身構えることなく、自然体で受けることができると好評です。間違えてしまった問題は、次に学習するときに優先的に出てくるなど、弱点もしっかりと復習できるようになっています。

仲間と一緒に受ける英検Jr.

ペーパー版」は、塾やお友達など5人以上集まれば、好きな場所で受けることができます。英検のように知らない場所や知らない人だらけといった状況とは異なり、落ち着いた環境で気心の知れた仲間と一緒に受験できるというメリットがあります。パソコンやタブレットを使った試験ではなく、これからのステップアップのためにペーパーに慣れておきたい方に選ばれています。問題の冊子に直接「○」を書き込む形式となっており、マークシートではないので子供でも簡単に受けられます。また、隣接した2つのグレードを同時に受験することもできるので、力試しに2つ受けるのも良いでしょう。

また受けたくなる!英検Jr.のテストとは

英検のテストとは異なり、合否がありません。英検Jr.が設立された狙いは、「できた」という喜びを実感することで、英語の学習に対する動機づけができることです。そのため、約1ヶ月後に送られてくる結果は、「正答率」となっています。自分がどのくらいの正答率になっているのか把握し、同じ年齢の子供の平均値との比較もできるようになっています。そのため、「○歳だからSILVER受けなさい!」という区切りをして英検Jr.を受けるのは子供にとっても悪影響です。子供の学力に合わせたグレードを選び、「できた」という達成感を育みながらステップアップしていくのが良いでしょう。

まとめ

「英検Jr.」についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。読み書きが難しい未就学児にもおすすめ。オンラインで好きなときに受けられるので、子供の学習状況のチェックにもぴったりですよ。

英語で学ぶプログラミング教室!

YouCodeでは、英語を学習しません!外国人教師と英語でプログラミングが学べる小中学生向け教室です! 21世紀型スキル+国際能力を育てます!
大阪堺筋本町・京都烏丸で開講中!