MENU
英語

英語で勉強、日本語で勉強、どっちがいいの?

いま、子供達にプログラミング教育を、という機運が高まっています。
「2020年、小学校でのプログラミング教育の導入」というニュースを
みたことがある方もいると思います。

では、いざ、プログラミングを子供達に学ばせたいというとき、
親にはどういった選択肢が考えられるでしょうか。
いくつかの視点で、この疑問に答えていきたいと思います。

<目次>

  • 自宅か、プログラミング教室か?
  • いつはじめるか?
  • 日本語か、英語か?

自宅か、プログラミング教室か?

これはもう、選択肢にはあげましたが「プログラミング教室」に任せるしかない、
と考えています。その理由は、ずばり、保護者の皆さんが子供の頃には、
「プログラミング」の勉強は、小学校ではやっていないから、の一言に尽きます。

自分たちがやっていないことを、子供たちに教えることは相当ハードルが高いです。
そもそも、算数など勉強したことであっても、子供に教えられるという方は、
多くはありません。ここは、餅は餅屋、というわけで、素直に「プログラミング教室」に通うのが良い策のように思います。

また、プログラミング教室には「専門家」がいるという点も大きいです。教室に通うことで、プログラミング教育のプロと、直接、コミュニケーションを取りながらプログラミングを学んでいきます。これは、独学では得られない体験です。

プログラミングという未知の領域に踏み込んだ子供達は、間違いなく、疑問に思ったこと、もっと詳しく知りたいこと、がたくさん溢れ出てくるはずです。
そういった疑問を解決し好奇心を育てて行くという点からも、プログラミング教室に通う意義があるはずです。

いつはじめるか?

これも、重要な問題です。いざ、「プログラミング教室に通いましょう」と思っても、
では、いつから行けば良いのかという問題があります。やはり、小学生のうちから通い始めるのがオススメです。

子供たちの柔軟な思考であれば、物事を理解するスピードも速いです。特に、プログラミングの肝は「言語」であると同時に、「考え方」でもあるので、ピアノや英語などと同じように早いうちから馴染ませるのが良いでしょう。

ピアノや英語も、小学生のように早い段階から、親しみ、学ぶことで、上達しやすくなることが知られています。プログラミングも同様です。早ければ、早い方が良いのです。とはいっても、幼稚園に通っているような園児ではまだ難しいことはお分かりいただけるかと思います。

小学生になれば、周囲とのコミュニケーションにも慣れ、学校でも先生の指導のもと、授業を受けます。そういった経験をしている小学生であれば、パソコン教室でも講師のもと、プログラミングを学んで行く力ができているのではないかと思います。

プログラミングを学ぶといっても、パソコンと1対1でキーボードをひたすら叩き続ける。というものではありません。
最近では、プログラミングの学習用ロボットが開発されています。これを使いながら、周囲の子供や講師たちと協力しつつ学ぶことができるようになっているのです。目的の動作を達成するために試行錯誤したり、友達同士で話し合ったり、といったことも経験できます。

つまり、小学生の段階からプログラミング教室に通うことで、実は、「プログラミングというものは、特別のものではないんだよ」という意識を育てることが重要であると考えます。

日本語か、英語か?

「小学生になったとき、プログラミング教室で、自分の手でロボットを動かす」という体験は、貴重なものです。では、ここで問題になるのが、日本語がよいか、英語が良いか、という点です。最近のプログラミング教室では「英語」でプログラミングを学ぶスタイルの教室があります。なぜ、日本語ではなく、英語なのでしょうか。

そもそも、プログラミングはアメリカで生まれたものです。パソコンも、ロボットも同様です。プログラミング教室で学ぶ内容も、アメリカで開発されたものを使うことが多いです。
だからこそ、分かりやすさを求めて「日本語」で学ぶよりも、もともとの生まれ故郷の言語である「英語」で学ぶ方が分かりやすいというメリットがあります

プログラミング言語の中には、さまざまな命令がありますが、ベースになっているものは英語です。なかには日本語で命令できるものもありますが、まだまだ少ないように思います。
また、プログラミングは世界中の子供たちが学んでいるものでもあります。
他の国の子供たちと直接、もしくは、インターネット上で交流する際にも、英語が基本になるのです。

「いつ習い始めたら良いか」という点では、英語とプログラミングは、早い方が良いと書きました。英語でプログラミング教育を受けるということは、まさに、一石二鳥ということになります。「うちの子は、英語なんて」と思う保護者の方もいるかと思いますが、心配はいりません。今日、テレビゲームに親しんでいる子供は、多いと思います。そういう世界では、英語がそのままカタカナで表記され使われているのです。

プログラミングも、そういったゲームと似たような感覚で接することができれば、
自然と馴染んで行けるのではないかと思います。

まとめ

・自宅か、プログラミング教室か?
・いつはじめるか?
・日本語か、英語か?

この3点について、考えてきました。
これからの小学生は、プログラミング、英語、というように新しいことを次々に学んで行くことになります。
そういった環境のなかで、英語にも親しみながら、プログラミングについても学ぶことのできる
「英語を用いたプログラミング教室」が求められていると考えられます。

 

英語で学ぶプログラミング教室!

YouCodeでは、英語を学習しません!外国人教師と英語でプログラミングが学べる小中学生向け教室です! 21世紀型スキル+国際能力を育てます!
大阪堺筋本町・京都烏丸で開講中!