MENU
英語

英語で学ぶプログラミングが将来子供の大きな武器になる!

大学生などがプログラミングについて触れた際に、英語が苦手な方はプログラミングのコードで使用する英語の羅列に対して嫌悪感が生じることがあります。これからは小学校からスタートするプログラミングについて、苦手意識を持たせずに学ぶためのポイントになるのがこの「英語」です。そこで、最近注目を集めている「プログラミングを英語で効率的に学ぶ」ことについてご紹介します。

必修科目になったプログラミング

世界の国々では必修化されているプログラミングですが、日本でも2020年度から小学校で必修化されることが決定しました。プログラミング教育が導入されるのは、これからの将来は更にIT技術や市場の拡大も視野に入っていますが、プログラミング的思考を育むことが目的となっています。必修化されるといっても、プログラミングのみを扱う授業が開始するのではありません。算数や国語など、既存の科目の枠組みの中でプログラミングを扱います。プログラミングを身近に感じることができるため、子供たちもプログラミングについてより興味を持って取り組めるようになるのです。最近では、小学生など子供を対象としたプログラミング教室も急増しており、小学生の習い事としても注目されています。

このプログラミングに対しては、

  • 子供小さいうちからプログラミングの技術や知識が身につく環境を提供したい。
  • 授業でつまずいてほしくない
  • より役に立つスキルを効率よく学ばせたい
  • プログラミング教室に興味があるが、どの教室が適しているのか選ぶのが難しい

という声が子供を持つご両親から多く聞こえてきます。

しかし、子ども達が効率よくプログラミングを学べる方法というのは確立しているのでしょうか。まず、学校でプログラミングの授業がスタートした際に、プログラミングに関して素人である先生の説明では、うまく理解できるのかどうかが心配されています。それは、先生自体がプログラミングに精通していない理由もありますが、プログラミングのコードが「英語」を採用している事も考えられます。コードやエラーメッセージなど、表示される言語は英語なのに、先生が「日本語」で授業をすると、このズレによって子どもが混乱してしまうのです。既存のプログラミング教室なのでも、この問題でつまづく子供もいます。そこで、この問題の解決となるキーは、子供が「英語力」を培うことです。

プログラミングにおける英語の重要性

まず、世界で最も有名でプログラミング学ぶ多くの人が最初に目にすることが多いコードをご紹介します。

#include <stdio.h>

main( )
{
  printf(“hello, world\n”);
}

Kernighan, Brian W.; Ritchie, Dennis M.(1978). The C Programming Language (1st ed.). Englewood Cliffs, NJ: Prentice Hall.

上記のように、プログラミングでは”include”や”main”など英単語が羅列します。さらに、エラーメッセージもすべて英語です。プログラミングで使用する英単語は、比較的簡単なレベルのものがほとんどですが、英語を十分に学んでいない小学生にとっては”main”の意味もわからず、ただの英語の羅列にしか見えません。また、これらを説明する専門的な用語を解説したとしても、小学生が理解できる説明をするのはとても困難です。そして、子供にとって分からないものだらけの授業が続くと、プログラミング自体を嫌いになってしまう子供も出てくるでしょう。そこでおすすめするのが、「英語でプログラミングで学ぶ」ことです。

英語に嫌悪感を抱かずに学べる

プログラミングを学ぶためにはコードを覚える必要があります。コードを「英語」として学ぶことは、プログラミングに興味を持っている子供は英語をスムーズに受け入れることができます。そのため、英語に対して嫌悪感を持ちにくいという利点につながるのです。英語とプログラミングを同時に理解していくことで、理解する喜びと楽しさを感じながら非常に効率よく学習できます。反対に、プログラミングで使われる英語が理解できずにいると、英語自体を嫌いになってしまう可能性があります。プログラミングで使うコードの英語をを見ただけで拒否反応を起こすような状態になってしまうと、プログラミングを勉強していくのは困難です。

英語で学べるプログラミング教室【紹介】 この記事は当ブログを運営しているプログラミング教室YouCodeの紹介記事となります。記事の最後のキャンペーン情報がございます。 ...

グローバル社会には英語が必要不可欠

プログラミングでの学習を糧に、情報工学への道や工学系など関連分野へと将来進む子供も増えてくると思います。その際に、これから重要になってくるのは「英語力」とも言われており、最近の理系大学では英語力の向上に関して特に力を入れています。その背景には、日本語で書かれた書式や論文は非常に少なく、ほとんどが英語で書かれた文献や論文が占めます。最新の情報も英語で発信されるため、より高度な技術を学ぶためには、英語力が必要不可欠なのです。

また、将来プログラマーへの道へ進まなかったとしても、そこで培った英語力は決して無駄にはなりません。英語力を生かして、海外での活躍できる分野へと転向することも可能です。グローバル化が進み英語が使える人材を求める企業は、大幅に増加しています。職場で使う社内公用語を英語に切り替えている企業も増えてきており、これから英語は必須のスキルになります。そのため、子供の将来に向けて、英語への嫌悪感を持たずに取り組めるスタイルが非常に重要です。

倫理的思考力や問題解決能力の向上に

プログラムのソースコードを毎回日本語に置き換えて理解するよりも、そのまま英語で読み取ったほうがスムーズに理解もできます。これは、コードを確認しただけで、どんなプログラムなのがすぐにイメージできる、という利点に繋がります。この「イメージができる」能力は、倫理的思考力や問題解決能力への関与が強く、プログラミングを行うために非常に重要な能力です。

英語力はプログラミングにも好影響!

母国語ではない英語を使うときは、多くの方が日本語よりも丁寧に説明した表現になります。これは、しっかりと筋書きを意識して、より相手に理解してもらえる文章を作るためです。また、英文は主語と述語が最初に明記され、その後に装飾する言葉が続きます。「論理的思考力」は、結論を完結に述べることが重要であるため、最初に主語と述語が出てくる英語は、自然とその技術が身につくのです。そのため、英語を身につけることでプログラミングに重要な論理的思考も得ることができると言われています。

また、接続詞などを使って順接や逆説など、英語は日本語と違って意識した文章の組み立てが必要です。以上のように、すっきりと順序よくまとまったプログラミングを行うのにも、英語力は非常に役立ちます。

ミスを挽回するのにも英語力は役立つ

プログラミングには「問題解決能力」も必要とされていますが、その問題を解決するためには、問題を正しく認識する必要がでてきます。例えば、プログラミングでエラーが出てしまった場合に、何が問題なのかを明確にしなければなりません。そこで、英語力が影響してきます。単純に「array」は「配列」という事だけを覚えていると、本当にarrayで合っているのか疑えません。しかし、英語としてarrayを覚えていると、arrayの本質を見抜くことができ、別の角度から見直すことができるのです。このように、コードを暗記しているだけでは身につかない、問題解決能力への向上にも英語力が役立ってくるのです。

まとめ

ロボットやAIなどIT関連の研究も盛んに行われている昨今、今後はますます国際化も視野に入れた展開が活発になってくるはずです。その際に重要になってくるコミュニケーションとしても英語力は必要不可欠です。そこで、「英語力を身に着けなたら、プログラミングに対する理解を深める」ことは、子供にとってもプラスになることでしょう。英語力やプログラミングだけではなく、論理的思考や問題解決能力の向上のためにも、ぜひ英語とプログラミングを一緒に学ぶことをおすすめします。

英語で学ぶプログラミング教室!

YouCodeでは、英語を学習しません!外国人教師と英語でプログラミングが学べる小中学生向け教室です! 21世紀型スキル+国際能力を育てます!
大阪堺筋本町・京都烏丸で開講中!2020年夏以降、東京六本木教室開講!