特待生制度の受付を開始します

私たちは教育の機会均等を重視し、特に低所得世帯の学生に対する支援を強化することを目指します。
この制度は、経済的な理由で学びの機会が限られている方々に対し、より平等な教育の機会を提供することを意図しています。教育はすべての人に開かれた権利であり、経済的な障壁によってその機会が奪われることがあってはなりません。そこで、当スクールは特待生制度を通じて、才能と情熱を持ちながらも経済的な理由で学びを諦めざるを得なかった方々に、新たな希望と機会を提供いたします。

特待生制度の概要
  • 対象: 経済的に困難な状況にあり、かつ学業成績が優秀または特定の技能に秀でており授業態度が良好な学生
  • 提供内容: 入会から1年間授業料(184,800円)の全額免除、プログラミング検定試験料の免除
  • 応募資格: 経済的な支援が必要であることを証明できる家庭の学生。
応募方法と選考プロセス
  1. 自己紹介書: 学業成績、英語力に関する記述。学校担任者からの推薦書等など。
  2. 体験教室への参加: 自己紹介書を確認後、対象となるグループの体験教室にご参加いただきます。
  3. 選考結果のお知らせ: 1週間以内に選考結果をメールにてお知らせいたします。
  4. 経済状況証明: 低所得世帯であることを示す公的書類の提出

※応募対象となる世帯
申請者とその配偶者令和年中所得金額合計が、所得制限限度額未満であることが必要です。

扶養親族等の数所得制限限度額
03,220,000
13,600,000
23,980,000
34,360,000
44,740,000
55,120,000
6人以上1人増
()
すごとに38万円加算
受付中のグループと定員数

グループ1 8歳〜 :10:30-12:00 1名
グループ2 8歳〜. :12:15-13:45 1名
グループ3 6歳〜 :15:00-16:30 1名
グループ4 10歳〜 :16:40-18:10 1名

審査方法

学業成績が良好であることを前提に、体験レッスン中の授業態度やコミュニケーションの積極性などを審査します。
特待生は他の学生の模範となる義務があります。授業態度・出席が不良の場合には、保護者への注意喚起をお願いすると共に、改善しない場合には特待生制度を打ち切る場合があります。

支援の目的と期待する成果

特待生制度を通じて、私たちは経済的な障壁を乗り越え、優れた才能を持つ学生がその可能性を最大限に発揮できる環境を提供します。また、この制度が社会全体に対して、教育の機会均等に向けた取り組みの重要性を伝え、他の教育機関や組織にも同様の支援制度の導入を促すきっかけとなることを期待しています。

応募方法

下記の項目をメール( hello@youcode.jp )にてお送りください。メールの件名には「特待生」とご入力ください。

・お名前
・ご年齢
・ご参加希望のグループ

その後、弊社より自己紹介書の記入をお願いするお返事をお送りいたします。

私たちは、特待生として選ばれた学生たちが将来、社会に対して貢献し、次世代のリーダーとして活躍することを強く信じています。

一覧にもどる