MENU
プログラミング

プログラミング教室の種類?ロボット?スクラッチ?

プログラミング教室には種類があります

2020年を目前にプログラミング教室の数が目立ち始めました。プログラミング教室にも種類があるのをご存知ですか?

プログラミング教室には大きく2つの種類に分かれております。ロボットプログラミング教室とScratchプログラミング教室です。それぞれの違いを詳しくご紹介します。

 

ロボットプログラミング教室

このロボットプログラミング教室は、フランチャイズ加盟のパソコン教室が多く展開しています。有名な教材メーカーですと、株式会社アーテックの「エジソンアカデミー」です。

ロボットプログラミングの特徴は、ブロックを組み立て、ロボットやゲームなどを作成します。「組み立て」という単なる作業の様に思いますが、これはとても重要なステップであり、アルゴリズムを説くのと同じく、どう組み立てれば完成するのか?ということを自然に考えることができます。

そして毎回作る物も変わるので飽きが来ず、ながく学習を続けることができます。

参考 : ArTeC エジソンアカデミー

その他に有名な「レゴ」を利用したプログラミング教室もあります。レゴが嫌いな子はほとんどいないでしょう。距離センサー、モーター、液晶画面を用いて様々なロボットを作成することができます。

またコンピューターや各部品の品質も高く、正確に動くロボットが作成できるので、学習に付きものな「トラブル」も比較的少ないです。

参考:レゴスクール

コンピュータの中だけのプログラミングではなく、ロボットの組み立て、プログラミングをすることが出来ます。作った物で遊ぶのも楽しく、初めてのプログラミング学習には最適です。

ロボットプログラミング教室では基本的にロボットプログラミングしかできません。教室によってはロボットの購入が必須となり、入会金が高額な場合があります。

 

Scratchプログラミング教室

ロボットプログラミングに対し、Scratchプログラミング教室は、コンピューターの中に表示されているキャラクターなどをプログラミングで操作し、ゲームやアニメーションを作成することができます。

Scratch3.0にバージョンアップしました!

2019年の1月にScratchは大幅にバージョンアップがなされ、より直感的に操作をすることができるようになりました。ロボットプログラミングをするソフトウェアでも、Scratchの旧バージョンを元に作成されている物がおおく、直感的に操作しにくいソフトもあります。

実はできる、Scratchでロボットプログラミング!

Scratch3.0では多彩な外部機能の利用が可能になりました。コンピュータのカメラを用いたプログラミングや、Googleの翻訳ツール、Amazonの音声スピーチ機能など。これらの機能を利用することで、プログラミング可能な枠が大きく広がり、アイディア次第で様々なものが作成できます。

またScratchはレゴのロボットである、「MIND STORMS EV3」そして「WeDo 2.0」の制御にも対応している他、「micro:bit」と呼ばれる小さなデバイスをプログラミングすることも可能です。

Scratchプログラミングは、コンピューターの中のキャラクターをプログラミングします。バージョンアップにより、Scratchでもロボットプログラミングが可能なりました。教室によっては、Scratchコースでロボット機材を利用したプログラミング教室もあります。Scratchは現状のプログラミング教育の原点です。

多くのプログラミング教室では、Scratchプログラミングコースでロボットプログラミングを利用することができません。ロボットプログラミングをやりたい場合は、教室に確認してみましょう。

 

英語で学ぶプログラミング教室!

YouCodeでは、英語を学習しません!外国人教師と英語でプログラミングが学べる小中学生向け教室です! 21世紀型スキル+国際能力を育てます!
大阪堺筋本町・京都烏丸で開講中!