MENU
プログラミング

iPadで本格的なプログラミング学習

2019年3月末頃に米Apple社より新しいiPadが発表されました。iPadは教育用にも作成されており、子どもの機嫌をとるだけのツールではなく、プログラミングをしっかりと学べるソフトウェアがアップルより無料で配信されています。

またiPadの価格もコンピューターを買うより安くそして長く使うことができ、税別37,800円から購入することができ、増税前に購入を検討したいところです。

iPadで本格的なコードを学ぶ

iPadの教育アプリはとても品質がよいアプリで、プログラミングを楽しく学ぶことができるように作られております。

「Swift Playground」というアプリが用意されており、Swiftと呼ばれるプログラミング言語を利用しながらプログラミングの基礎を学ぶことができます。

このように、Swiftプログラミング言語を利用して、キャラクターを操作し、パズルを完成させるものです。

Swiftプログラミング言語って何?

Swiftと呼ばれるプログラミング言語は、米Apple社が開発を進めているプログラミング言語です。主にApple社が開発するデバイス上で動作する言語となっており、MacbookやiPad、そして皆さんが利用しているiPhone上で利用されております。

iPhoneにインストールされているアプリは、すべてSwiftプログラミング言語で作られたアプリになります。

Swiftプログラミング言語を学ぶことで、iPhone・iPadアプリの開発が可能になります。

 

iPadでロボットプログラミング

iPadのSwiftプログラミングアプリに対応したロボットを購入することで、iPadでもロボットプログラミングが可能になります。レゴのプログラミング教材やドローンなど、幅広い教材を対応しております。

プログラミングが学べるおもちゃ プログラミングとSTEMをこどもと一緒に学べるおもちゃをご紹介します! これからプログラミングを習ってみようと検討している方や、...

どのiPadを買えばいいの?

iPadは、通常のiPadからiPad Air、iPad miniそしてiPad Proと様々なシリーズがあります。iPad Proはクリエイター向けのもので、子どものプログラミング学習にはあまり適さないものです。

おすすめは、iPad Airもしくは通常のiPadがおすすめです。こちらに簡単な比較表を載せていますので、購入の際に検討してみてください。子どもが使うことを前提に比較しております。

iPad Air 2019

iPad

10.5インチのより綺麗なディスプレイ
液晶と表面のガラスまでの距離が少ない
9.7インチの綺麗なディスプレイ
A12チップ。とても早い。(iPhone XS MAXと同じA10チップ。やや遅い。(iPhone7と同じ
Apple Pencil対応Apple Pencil対応
高さ 250.6mm 幅 174.1mm 厚さ 6.1mm
重量456g(WiFiモデル)
高さ 240mm 幅 169.5mm 厚さ 7.5mm
重量469g(WiFiモデル)
64GB, 256GBのストレージ容量32GB, 128GBのストレージ容量
64GB 54,800円(税別)32GB 37,800円(税別)
より長く使いたいのであれば、発売されたばかりのiPad Airがいいでしょう。プロセッサーもとても高性能です。画面サイズも少し大きく、重量も軽いです。出来る限り安いモデルが欲しい場合は、通常のiPadで決まりです。iPad Airと比較すると遅く感じられますが、基本性能は十分でしょう。
Scratchの幼児向けバージョン、ScratchJrでもっと手軽にプログラミング!子供向けのプログラミングといえばスクラッチが人気ですね。このスクラッチプログラミング、実は2つのバージョンがあります。1つはパソコンから...
低学年向けiPadでScratchプログラミングプログラミングと聞けばパソコンが必須になるイメージですが、ScratchプログラミングはiPadでもプログラミングができます。特にマウス...
英語で学ぶプログラミング教室!

YouCodeでは、英語を学習しません!外国人教師と英語でプログラミングが学べる小中学生向け教室です! 21世紀型スキル+国際能力を育てます!
大阪堺筋本町・京都烏丸で開講中!